NHKラジオ英会話

ラジオ英会話12月号第3週L171-L175の深掘り

こんにちは。イマココ英語事務局のShinです。

ラジオ英会話は教材として素晴らしすぎて、番組やテキストで紹介されないポイントがたくさんあります。それらが埋もれないようにキラリと光る学びを深掘りしてます。

普段、Xでもそうした深掘りを呟いていますが、ツイートでは紹介しきれない気づきも記載しています。

この素晴らしい番組の学びを2倍、3倍の高めていただくことにご活用ください!

下記で紹介するダイアログの英文と和訳は特段説明ない限りは、ラジオ英会話のテキストからの引用となります。

created by Rinker
¥1,699 (2024/04/17 19:09:37時点 楽天市場調べ-詳細)

語源調査の強い味方はこちら!

Lesson171_12/18(月)

深掘りポイント①:fence とwall

エンディングで 金網や柵のような薄いものはfence ブロック塀の様に厚みのあるものはwall という説明がありましたが、
これを踏まえると、決めかねている不安定感 を出すのには on the wallではなくon the fenceがぴったりですね!

Lesson172_12/19(火)

深掘りポイント②:比喩的表現におけるan eyeとeyes

You have an eye for beauty, Jeannie. (Peacock)
君には審美眼があるね、ジーニー。

審美眼があるという意味ですが、 have eyes forだと ~に興味がある という少し違った意味になるようですね。
英辞郎の例文:
Veronica has eyes for wealthy and powerful men. ベロニカはお金と権力のある男性に関心がある。

Lesson173_12/20(水)

深堀ポイント③:whileの長さ

It's been on my mind for a while.(Cynthia)
このところずっと考えていたの。

whileの長さは文脈によっても変わります この例ではおそらく数年。
L155でろーざさんの on this program for a whileは 6年間でした。

一方 で、
Wait here for a while, and I'll bring you a cup of coffee.
のように数分間の時もありますね。

Lesson174_12/21(木)

深堀ポイント④:Beethovenのthの発音

It's the city of Mozart, Beethoven and Brahms.(Mr.Smith)
そこ(ウィーン)はモーツァルトとベートーベンとブラームスの街ですからね。

Beethovenでthが/θ/に聞こえなかった気が… と思って調べるとやはり、英語の発音は/t/でした。

ドイツ語読みと同じ発音なのだそうです。こちらの音源をご確認ください。

音声協力:音読さん

ご案内

ラジオ英会話復習会第二期メンバー募集中!!

2023年度5月号分から、会費制とさせて頂き、一層の充実を図って参ります。

現在18名の仲間たちと毎週土曜の朝6時半から20分愉快に開催中です。

現在、10月号から翌年3月号までの第2期(23年度下半期分)の参加メンバー募集を開始しています。

無料見学も受付中♪週末を土曜の朝から一緒に充実させませんか?

・会費:1200円(10-3月号分合計)
・定員:30名(残席12)

詳細・お申込みは、ブログトップページよりご確認ください!

1月号テキスト発売中♪

created by Rinker
¥550 (2024/04/18 02:39:36時点 楽天市場調べ-詳細)

-NHKラジオ英会話

© 2024 イマココ英語 Powered by AFFINGER5